top of page
  • 執筆者の写真Aki

「自然」から教えてもらう〇〇に救われる私

更新日:2022年3月12日

数日前は大寒だったけど

まだまだ寒い日が続くね!

夏は暑いし、

冬は寒いとなると・・・

なかなか自然に触れる機会も

少なくなってしまうものだけど、

みんなはどれくらいの頻度で

自然に触れている?

山や海など大自然に

飛び込むことができる人は

幸せだと思うけど、

近くに住んでいない人は

やっぱり難しいよね💦

私は大きな川の近くに

住んでいるので、

一番の自然は

その土手を歩くことかな。

後は車を走らせれば

自然のたくさんある

公園もあるけれど、

車を使わないといけないのは

なんだか悲しい💧

なのでなるべく

土手での散歩を

毎日心がけているよ🌿

木も花もたくさん生えている

わけでもないけど、

広い空や雲、

遠くに見える富士山、

頬で感じる風や

身体全体を包んでくれる太陽、

季節で見える風景も変わって、

十分自然を感じることができる🌞

ところで、

なぜ人間は

自然に触れることが大事なのって

考えたことある?

森林浴って言葉があったり、

ストレス解消、免疫向上、

リラックス効果など、

色々健康上良いと

言われていることはあるよね!

人間は自然の一部だから

自然に還るとほっとするというのが

一番の理由かな!?

人間が道路やコンクリートで

地と隔てられたり、

はたまた

建物に囲まれたり、

自然から隔離されるのは

「自然」じゃない・・・

きっとそれはみんなも

本能でわかっていることじゃ

ないかな。

だから今は、

社会で問題になっているような

ストレスや精神的な問題など

多くなってきてしまっている💦

さて、

今回の本題に入ると・・・

私が自然に触れることで

救われているな〜✨と

感じること。

1つは無償の愛と呼びたい その「恵」!

太陽にしても雨にしても

空気にしても、

見返りを求めずに

ただ私達を育ててくれる。

そのテイクのないギブの精神に

とてつも無い温かさと感謝を感じる。



そして、もう1つ私が

自然に教わっている大切なことは・・・

「いつも同じじゃなくて良い」ということ💡

天気はいつも変わる。

雨の日もあれば、

カンカン照りのこともあり、

風が強い日もあれば、

穏やかな日もある。

季節を通して

景色はいつも変わる。

多様で変化があるのが当たり前!

私たちだって、

気分が良い日もあれば、

なんだか気が乗らない日もあるし、

体調が良い日もあれば、

よくない日もある。

自然と一緒にいると

それが当たり前、

それで大丈夫だって思える。

人間の社会にいると

画一化やスピード、成果を

常に求められる。

ある一定の基準を

満たさないといけないと

考えてしまう。

でも自然に中にいると

そうでなくていいんだ!って

安心する、気持ちが楽になる😊

これが

私が毎日自然に触れたいと

思う理由の1つ・・・💕

それから最後に一言。

たとえ身近に自然がなくても

あきらめないで!

太陽を浴びる、

空や星を眺めるや

観葉植物を愛でたり、

ベランダや窓際で

ハーブを育てたりと

都会や屋内でも小さな自然に

触れることはできるよ💡


ぜひあなたらしい自然との 触れ合い方をこの機会に考えてみてね!

今回のワーク:あなたにとって毎日触れられる自然は何、もしくはどこかな?また、大自然に触れるとしたらどこに行きたい?そして、それを可能にするにはどうしたら良いか考えてみよう!もし良かったら、あなたのチャレンジ内容をコメント欄で紹介してね🌈 行動をとることで、あなたの学びが実践に変わるよ😊


また、この情報を知って喜ぶお友達がいたら、 ぜひ今すぐシェアしてね!

Sharing is caring✨(分かちあうことは、思いあうこと)

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page