top of page
  • 執筆者の写真Aki

チョコレートとの甘い関係の見直し方

更新日:2022年2月12日

来週末はバレンタイン💖


チョコレートやスイーツが

目に留まることが

多くなりますね!


ほとんどが

「あげる方」のはずですが、

家族でシェアしたり、

どうせなら私の分も〜と

甘いものに

手が出やすい時!


チョコレートに限らず

普段のあなたの

甘いものとの関係は

良好ですか!?


セルフケアでも

生きていく為に

必要な食事を

「一番」と言って良いほど

大切にしています。


健康な食生活は

身体だけでなく

心も満たしてくれます


私はコーチとして、

これまで健康的に痩せる

お手伝いをたくさん

してきましたが、


甘いもの=良くない💦

と思われている方が

やはり多くいます。


実は

必ずそうとも限らないのですが、

ではどういう関係が

良いのでしょうか!?


まず、甘いものと言っても

種類が色々ありますね💡


健康に良い甘いものって

あると思いますか?


そう、おそらく

お気づきと思いますが、

果物などの自然の甘さは

ビタミンやミネラル、

食物繊維などの栄養素も取れ、

身体には必要なものです。


なのでフルーツや

加糖されていない

ドライフルーツなどは

オススメです。


また、

チョコレートを

食べるのなら

カカオ含有率の高いもの

(70%以上)を選びましょう。


小麦粉がついている

チョコレートクッキーなどでなく、

なるべくチョコレートだけの方が

ダイエットにも健康にも👍


ポイントは、なるべく

自然に近い形のものを食べること

(加工のレベルが低いもの)です。


その方が身体に

とっては優しいのです💕


そして、

甘いものは必ず飲み物と

一緒にとりましょう!




できればミルクや豆乳🥛

おしゃれに言えば

カフェラテやソイラテなど、

たんばく質を含むものが

ベスト。


なぜかというと

血糖値の急上昇を

抑えてくれるから。


それに、

飲み物と一緒だと

満腹感も確実に上がるので

甘いものを食べ過ぎずに

済みます。


ところで、

私はお菓子作りは

あまりしない方ですが、

娘を始め周りの人が

喜んでくれるので

たまに作ります。


そうすると気がつくのが

異常な砂糖の量。


クッキーを作るにも

マフィンを作るにも

たくさん砂糖が必要なんです💦


それでもちろん

砂糖を少なくしたり

(必ずレシピの30〜50%は

少なくしている)、

果物やハチミツで代替したり、

工夫・調整していますが、


とにかく自分で作ってみると

市販の甘いものの砂糖の量が

半端ないことが想像できて

正直買うのが怖くなります・・・


なので

甘いものとの関係に

悩んでいる方は、

ぜひ手作りしてみましょう😊


どうやったら

砂糖を減らせるかなど、

自分で作ってみることで

気づきや発見もあるはず!


最後に、

「甘いものと上手に

付き合っていく」のに

もう1つ大事なことって

何だかわかりますか?


それは「なぜ甘いものが

食べたくなるのか?」という

そもそもの原因です💡


疲れた時や

ストレスを感じる時、

生理前、自分へのご褒美

・・・などなど、

甘いものが食べたくなる時って

たくさん思いつきますよね。


それって

身体が本当に欲している時と、

脳から要らないシグナルが

送られちゃっている場合と

あります💦


脳に騙されない為にできること・・・


それは実は

睡眠や適度な運動などで

生活や身体のリズムを整えること。

(睡眠の質の上げ方はこちら


心が穏やかな状態、

身体が健康な状態でいられれば、

甘いものにそこまで頼らなくても

大丈夫なんです✨


よく言われるのが

就寝時間が遅かったり、

睡眠不足だったりすると

ジャンクフードを

食べる欲求が強くなるという話。


これは脳から出る

ホルモンによって

左右されます。


そして、

食べると決めた時には、

先ほどお伝えした工夫を取り入れて

ぜひ「楽しんで」食べてください。


罪悪感を感じながら食べたり、

後から食べたことを悔やむと、

心も満足できなくて、

また欲してしまうという

悪循環になります💦


食べたいものを

我慢するのでなく、

また

食べてから後悔するのでなく、


自分のパターンを知って

上手に付き合っていく方法を

探していきましょう!


LET'S CHALLENGE!

今回のワーク:ぜひこの機会にあなたの甘いものとの関係について考えてみましょう!どのような甘いものが好きですか?よく食べるのはどのような時ですか?もし1つ改善できることができるとしたら何ですか(睡眠、運動、ストレス解消、果物などに置き換えるなど)?


もし良かったらあなたの内容をコメント欄で紹介してくださいね🌈 そして、この情報を知って喜ぶお友達がいたら、 ぜひ今すぐシェアを!

Sharing is caring(分かちあうことは、思いあうこと)


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page