top of page
  • 執筆者の写真Aki

人生を生き抜くのに必要なセルフケア

最近Netflixで

『Queer Eye』というアメリカの番組を

観ているのだが、


これが面白くて

どうも止められない🤣


海外ドラマではなく、

リアリティー番組。


それぞれ違う分野の専門家が

5人で1つのチームとなって、


毎回1人の出演者を

劇的に変えてしまうという話。


選ばれる出演者は

老若男女それぞれだけど、


1つ共通しているのは

人生の壁にぶつかって

先に進めないということ。


これは、

大体2パターンに分けられて、


他の人の為に働き過ぎて

自分を見失っている人か、


誰か大切な人や事をなくして、

立ち直れなくなっている人。


どちらにしても

必要なのは

自分に向き合う時間やセルフケア。


そこで5人のプロが

それぞれのスキル⬇︎を活かして


・ファッション

・美容

・料理

・文化&ライフスタイル

・インテリアデザイン


この出演者を変えていく。


でもこの『Queer Eye』の良い所は

ただのメイクオーバーではなくて、


この5つを通して

自分の人生で何が大切なのか、

失っていたものは何なのかを


しっかりと本人に気がつかせて

あげることができること。


外見(ファッション・美容)や

環境(インテリア)が変わっても、


内面が変わらなければ

その人に本当の(持続性のある、意味のある)

変化はない。


何が言いたいかというと、

その為に必要なのは、

ズバリ「セルフケア」なのだ。


どんなに他の人の為に

働いたとしても、

(それが仕事であれ、

もしくは子供の面倒をみる

ママだとしても)


自分を見失って

自分が幸せでなかったり、


疲れて心身共に壊れて

しまったりしたら意味がない。


知っている人も

いるかもしれないけど、


セルフケアの大切さを

伝える時によく使われるのが、

飛行機でのアナウンス


緊急時は子供ではなく、

まず先に自分の酸素マスクを

つけてねってやつ。


自分が倒れたら、

子供も周りの人も助けられない。


私たちは、特にママは

自分を後回しにしがち。


でも自分の為に

時間を作ったり、楽しんだり

休んだりするのは

わがままじゃない・・・。


それは結局


自分だけじゃなくて

子供にも家族にも大切なことになる。


だから、

もっと自分を労わろう✨


その為にも声を出すことが大事!


自分が感じていることや

(疲れているとか)

思ったことを(やりたくないとか)


言葉にして出してみよう!

周りに伝えてみよう!


我慢ばかりしていたら、


もしくは


これくらいできなきゃ

ダメなんだって

自分を追い込んでいたら、


本当にツラくなっちゃうよ😭


日本のママはもっと自分に

優しくなる必要あり!

(周りの人もね🌱)


自分をもっと

温かい目で見て、

大切にしてあげよう。


それがセルフケアだよ😊


今回のワーク:声に出す練習をしてみよう!今あなたがやっていることで、もっと〇〇だったらいいのに・・・と思うことがあったら、ぜひそれを誰かに伝えてみて。(例えば、休みの日の朝はもっとゆっくり寝れたらいいのに・・・や、もっと自分の時間があったらいいのに・・・だったら、それを家族に伝えてみる。そして、みんなでその為に何かできることはないかを考えてみよう。)もし良かったら、あなたの答えをコメント欄で紹介してね🌈 行動をとることで、あなたの学びが実践に変わるよ😊


また、この情報を知って喜ぶお友達がいたら、 ぜひ今すぐシェアしてね!

Sharing is caring✨(分かちあうことは、思いあうこと)



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


記事: Blog2 Post
bottom of page