top of page
  • 執筆者の写真Aki

自由が欲しいなら「NO」を学べ

日本人は「NO」が言えないと

良く言われますが、

実はこれ

日本人だけじゃないんですよね。


ダイレクトにものを言う

そして

感情表現が豊かな外国人でさえ

「NO」と言うには

ためらうことが

多いようです。


(アメリカのビジネスコーチも

「NO」ということで

自分の時間を作り出せと

生徒に教えているのを

思い出しました💡)


なぜ「NO」というのが

難しいのか・・・?


やはり1番の理由は

質問した人に対して

「悪いから」でしょうね。


なぜ悪いのか・・・?


その人や他の人に

嫌な思いをさせたり、

傷つけたり、

迷惑がかかるから?


もう1つの理由はきっと

「他の人の役に立ちたい」

もしくは

「いい人と思われたい」という

気持ちが自分の中にあるからでは?


でも

「NOと言えない💦」ということは・・・


本音は「NO」と言いたい!と

思っているということ。


そこで不本意に「YES」と

言ってしまうと、


自分の気持ちと行動が

ずれていることになります💧


そんなことを続けていると・・・


実は


心身ともにいつかガタが

きてしまうと私は思います。


実際に私もそうでした!


昔はもちろん

「YES」が多かったですが、

子供ができて40代を過ぎてから


時間も心の余裕もなくなり、

そうすることが

精神的にも体力的にも

キツくなりました。


そんな時、

あるドキュメンタリーで

主人公の生き方を学んだり、

本を読んたりして気がついたのです💡


「NO」ということは悪くない!


それどころか

自分の世界が広がることを✨


影響された書籍の1つに

こんまりさんの本も

ありました。


どうして自分の世界が広がるのか・・・


それは「NO」ということで

反対に

自分にとって何が大切かが見えてくるから


他の人を喜ばせようとしていた時間を

自分の為に使うことができるようになるから。


もっと自分が好きな人や

気の合う人


自分の好きなことや

環境に囲まれて


生活ができるようになるから

心に余裕ができるんです。


私も実際に

「NO」を実践して、

できたことによって

得たものが多かったです💡


本当に仲の良い友達と

過ごす時間が増えて

喜びも増し😊


余計なことをしなくて

すむかわりに

自分の好きなことを

する時間も増えました💕


お陰で

自分のやりたい勉強が見つかって

コースを受けて資格を取得したり、


自分が本当にやりたいと思う

ライフワークを

ゲットすることもできました。


これも全て


「NO」を学んで

自分の人生に本当は

必要ないものを排除して、

自分の生活に時間と心の余裕という

スペースを作ったからできたこと✨


自分の人生の整理をして

「YES」と「NO」の区別を

つけたからだと思います。


だからといって

気が乗らない

全ての人やことに

「NO」というのは難しいでしょう。


あくまでも社会に属していたら

やらなくてはいけないこと、

嫌でも従わないといけないことって

ありますよね💦


そんな時はどうしますか?


私だったら・・・

どうせやらないといけないことなら

(=「NO」と言えないのなら)

少しでも前向きに取り組むように

しています!


こうしてマインドを

変えることで、

心のストレスを

軽くすることができます🍀


嫌だと思うのに、

心に反してやるのは

心身に負荷がかかるのです。


どうせやらないといけないなら、

気持ちを切り替えて

心も「YES」に近づけましょう。


さぁ、あなたなら

どうしますか?


LET'S CHALLENGE!

今回のワーク:この機会にあなたの本当の気持ちを探ってみましょう。どんなことに「NO」と言えそうですか?「NO」と言ったら広がる可能性にどんなものがあるかリストアップしてみましょう。時間が増える、気持ちが楽になる、ストレスがなくなる・・・などなど💡 もし良かったらあなたの内容をコメント欄で紹介してみませんか🌈?そして、この情報を知って喜ぶお友達がいたら、 ぜひ今すぐシェアを!

Sharing is caring(分かちあうことは、思いあうこと)

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page